かみやこことのいつもの駄文

誰得と言われれば俺得ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「聖剣と魔竜の世界(3)」サイトウケンジ

 サイトウケンジワールドにおいて
絶対悪かそれに近しい存在ってあんまり存在しないなあとか思いました
思い返せば祝福のカンパネラもそんなだったな
ほぼほぼみんな良い人ばかり
この作品においては、魔竜参謀さんは十二分に悪役してたかあ・・・


 前巻あたりから妹の存在意義ってぶーぶー垂れてたら
妹巻になってた
なってたというか中盤までは妹巻かな
正式に聖剣として契約したあとはこの巻のボスであるところの桜華巻になってたような気はする
 しっかし、正式に聖剣と契約するって手法がまかり通るとは思ってもみなかったねえ
一度契約できていたなら以後オッケーなものだとばかり
地味に魔皇竜バベルって凄いんだぜって印象を持ちましたですよ
正式に契約した聖剣も実に凄いんですぜって構成は嫌いじゃない
というか、無駄に用意周到な主人公が凄いなと思いました
夜間外出をあらかじめしておいて心配させないとか意味がわからない
まあでも、凄いけど微妙に憧れないのは用意周到過ぎるからなのかしらね

 桜華は魔竜天使さまの契約聖剣だとばかり思ってたら違うのね
つーか、バルムンク、ダーイン・スレイヴ、ティル・フィングあたりは
真の持ち主が天子さまって可能性も否めないのかな
聖剣になれなかった人を聖剣にしたてあげれるわけだし
そのへんどうとでもなるような気はする
 妹なんていない発言が妹大好きの裏返しっていうベタな理由づけはちょっとアレかなあ
とくに思いつかないけれど他の上手い理由づけがあったような気がしないでも・・・
あえてベタな設定にして使いやすいキャラにしたかったのかもしれないけど
この巻を書きだしてからあの台詞に意味を持たせたような雰囲気が若干あるのよねえ

 魔竜天使な姉さんとの戦いの舞台は整ったっぽいんだけど
いまだ出番の無い六皇魔竜の残り二人は登場するんだろうかなあ
話が綺麗に纏まるなら出番は無くても構わないけれど
だったらそんな御大層な名前に加えなくてもって気分が少々
全部解決して最後にひょっこり登場するとかなら大歓迎ですかねえ
最低限名前だけでも出て欲しいわ

 問題らしい問題はおおむね片付いて真のラスボスの姉さんを倒すだけの状態になったのかな?
アーリのこれからをどうこうする話にシフトするのかな?
姉さんと決着をつけてアーリの魔竜と決着つけて次巻でフィニッシュが綺麗に感じるんですが
そのあたりは編集部のさじ加減ひとつかなあ
レーベルの顔にするには売れてるような売れてないような微妙な位置づけっぽいし・・・

 これ以上カガリに惚れたどうこうのキャラが出なければ良いなと思います
たぶん、出ないとは思うけど

スポンサーサイト
  1. 2014/03/22(土) 23:00:00|
  2. ラノベ雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sauzaudou.blog70.fc2.com/tb.php/1590-97100cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。