かみやこことのいつもの駄文

誰得と言われれば俺得ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「七曲ナナミの斜めな事情(2)」雨木シュウスケ

 前の巻と比べるとパワーダウンかなあ
よくわからない事がよくわからないまま終わりましたって感想
デレた七曲は可愛いのだけどそれをもうちょい堪能させてくれても良かったかな
そしたらこの作品じゃなくてもよくなっちゃうか・・・
 世界の謎が悪い意味で作者の味を出し始めてるのがよくないかもね


 シーカーズの事がスッキリしないまま棚上げになった点がもやもやするのよ
デカイのを主人公が隠し玉で倒すのは良いんだけど
一撃必殺はなんだかなあと思ったりしました
前巻は一撃だったでしょと言えばそれまでだけど
そこまでの積み重ねが面白かったんですもの
この巻では、シーカーズの事がある程度スッキリするものだと読んでて
世界移動でいなくなってしまったってのが悪い意味で予想外だったので
なんだよそれ、みたいな・・・

 陸車ムツキの掘り下げが一切なかったのもちょっとアレかな
九郡玖玖玖っていう新キャラが世界設定に直結するキャラっぽいけど
情報開示が無さ過ぎるしひっかきまわすだけひっかきまわしていなくなったのも嫌っす
たぶん彼女の独白から世界観設定の語りに入ると
主人公が聞きたくもない込み入った設定語りに入って
七曲かわいい! って話から逸れまくるんだろうなあってのはわかりますが
そこは上手い事やってもらうか、玖玖玖の設定をもうちょい伏せて展開させてやってよって感じ
実は主人公が上の世界の人間ですってのは良いんだけど
その回想は次巻冒頭でも良かったんでないかい?

 少ない少ないラブコメパートは良かったと思います
てか、主人公は七曲に対する外堀を埋められている状態ですが
そういうものになっても良いって思っているのかしらん?
 あと少しずつ判明されてる主人公の妹の事
これまたなにかしらあるっぽいですなあ
よくわからないけどそういうものだって納得しているところに
実はきちんとした理由がありますよって感じで匂わされるとちょっともやっと

 個人的には、ミラーの話は今まで通りのギミック以上のものになって欲しくはなかったかなあ
そっちはそっちでそっちのキャラと設定を用意して別物としてやって欲しかったかも
しかし、陸車ムツキの設定上そんなことは許されないのであった

スポンサーサイト
  1. 2014/03/10(月) 23:00:00|
  2. ラノベ雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sauzaudou.blog70.fc2.com/tb.php/1579-82b9013c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。