かみやこことのいつもの駄文

誰得と言われれば俺得ブログ

「冴えない彼女の育てかた5」丸戸史明

 作者があとがきで自虐していたような2巻のループとは思えなかった、かなあ・・・
創造者としての倫也と詩羽先輩の関係って両者が望まずとも
あの形が一番良いって事なんじゃないかなあと思ったりしました
つまり、恋愛の芽は無いって事だな
ヘタレ返上して告白でもしたらあのサークルは瓦解するだろうけど
先輩の望みの展開の可能性は残る、かなあ・・・


 小説とゲームシナリオは別物
言われてみれば当たり前ってなものですが
今回はそこを押して押して押してきましたね
作者の実体験なんだろうか
凄く良いシナリオが1本できたけどゲーム化したら微妙、みたいな事
そんなにあるっけかなあ、みたいな気はするんだけどね
制作サイドがそういう位置づけにしただけで
やっぱりシナリオがびみょーってのはままあると思うのです
 あー。このシナリオだけ良いなってのが今回の傑作部分にあたるのかな
登場キャラ全部に愛着をもってもらおうってのは難しいと思うのだけどね
登場キャラ全部にまんべんなく愛情を注ぎこめるライターって凄すぎるヨ
この作品でいえば倫也がその立ち位置にいたから
最後の全部まるく収まるエンディングに行き着いたのかもだけど
作者の願望も多少は入っているのかな。平穏エンドが書いてみたい、みたいな

 地味に加藤恵オンステージの割合が多かったなあって気がした
先輩や英梨々の気づいていない倫也像を的確にとらえているような感じ
なんだろう。幼馴染じゃないのに立ち位置としては定番の幼馴染キャラみたいな雰囲気
定番の幼馴染キャラが持ち合わせている恋愛感情だけがイマイチ読み取れないけど
嫌ってはいないはずだよなあ・・・
ゲーム制作とは別に、加藤の動向が地味に気になるよ

 そういえば後輩ちゃんが再登場したね
ベッタベタな演出で
英梨々をさんざん煽ってくれたわけだけど、次の当番巻でどれぐらい盛り上がれるのやら
てか、完成までこぎつけるのか冬コミでの頒布までこぎつけるのか
そこも地味に問題だな
そしてその先もどうなるのかなあ
誰ともなんともならないのだけは避けてもらいたいが
この形式だとそれも止む無しかなあと思ったりもする・・・

 美智留は当番巻までこんなぐらいの出番なんだろうかね
倫也のマネージャー業を描けばいくらでも出番増えるんだろうけど
他の面々が完全に割を食うからなあ
彼女の登場は当初の目標である同人ゲーム制作の先を見据えてって事なのかしら
これ以上なにをするのか見当もつかないんだけど

 ゲーム制作が柱な気がしてたけど
そもそもは加藤恵の良さをゲームとして知らしめようって事だったっけ
いち読者としては十分伝わってきてるのだけど
その為の何かを作中であえてやるのかなあ・・・
わからないなあ

スポンサーサイト
  1. 2014/01/03(金) 23:00:00|
  2. ラノベ雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sauzaudou.blog70.fc2.com/tb.php/1507-2e076e51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad