かみやこことのいつもの駄文

誰得と言われれば俺得ブログ

「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。6」左京潤

 ラウルの掘り下げに徹底した1冊だったかな
それ以外にも世界観設定の掘り下げもあったけど
ヒロイン追加の口実に思えなくも・・・
彼女はヒロインなのかなあ?


 意識しているのかどうかはわからないけれど
「はたらく魔王さま」っていう似通いそうなラノベがあるから
明確に違う方向へ進んでいるように見受けられる
魔王さまはアニメしか見てないから、実際は似てるのかもだけど
差別化するためにあえて、バトル要素やらは控えめにしてるのかなあ、とか思ったり
作者本人は読んでいないかもしれないけど、担当編集は流石に目を通しているよね?

 ラウルがこの巻で直面した問題って
ラノベのメイン読者層である中高生には全く刺さらない気がするんだけど
ラノベを卒業できなかった層には結構刺さりそうな気はする
ラブコメパートは完全に中高生向けなのに
どうしてこうそっちには受けなさそうな話を書いちゃうかなあ
そこが嫌いになれなくて買ってる自分みたいな読者向け?
きりすててくださいよぅ

 クレーム云々の話は身につまされる
自分が直接の原因ではないことって本当に嫌になるねえ
理不尽な要求とかもなかなか厳しい
この巻では、だいぶマイルドな問題に切り替えてはいたけど
大変だよなあとか思いました

 ラウルがセアラ店長に泣き言をいうシーンは結構好きかなあ
平がいきなり責任者に任命されたあげく普段ぶち当たらない問題連発されたら
ああも言いたくなるってものよね
ただ、この仕事向いてないってボヤくのだけはいただけないというか
言う前に辞めろよとか思ってしまったので
あそこは、落とす前に持ち上げた方がラウルの凹み具合が増した気もしたんで
もうちょいうまく処理してもらえたらなあとかは思いました

 魔力を持つもの持たないもの
ここでそういう設定もってきちゃうかあ、とか思いましたね
これまでの巻で、そんなキャラ一人もいなかったから
全員魔力をもっていて当たり前だとばかり
ただ、持ってない人は持っていないなりの生活を確立できてないとおかしいとは思いましたよ
お姫さまを人質にとるってのは流石にないなーって感じ
魔族どうこう言ってる世界観にはそぐわないというか
単独じゃなくて、そそのかした黒幕っぽいのが居ても良かったんじゃない?
 もう手遅れではあるけど、完全に平和になった世界でも良かったよなあ
魔王の娘はそういう記号ってだけで祭り上げられる心配もなく
他国との戦争もない世界で、マジックショップの毎日を追いかけるだけの
そんな話
この作者の悪いところって詰めの甘さだと思うの
それを見逃す編集もアレなんだろうけどね

 アニメ化するにあたって、どこまでやるんだろうなあ
それに合わせて無理なく設定を仕切りなおしたりとかできたらいいのにね
 あ。バトルはやってくれて良いと思います!
誰得とかきっと言われる気がするけど!!

スポンサーサイト
  1. 2013/07/06(土) 23:00:00|
  2. ラノベ雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sauzaudou.blog70.fc2.com/tb.php/1319-14a4d530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad