かみやこことのいつもの駄文

誰得と言われれば俺得ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「僕と彼女のゲーム戦争5」師走トオル

 止むにやまれぬ事情で発売が延期って聞いたとき
アニメ化の発表でもするのかと思ってた
とりあえず、そんな事は無かったんだけど
本文の何処に発売延期するような事情があったのかなあ
とか、ちらっと思っています


 今回のメインは、ゲーム大会って感じだったので
いままでみたく、1本のゲームジャンルをじっくり掘り下げる感じではなかったですね
これからも描かれるであろう大会シーンの予行練習みたいなものかなー
最初読んでるぶんには気にならなかったけど
改めて読むには説明過多な気もするが、難しいところだねえ

 みんゴルは未プレイなので、よくわからんちんで読んでた
ゴルフゲームはだいたい、ネトゲのパンヤみたいなものだと思ってはいる
パンヤは計算機ゲーなので厳密には違いますが・・・
 ラッキーが続いたあと、特殊能力発動で勝つのはパターンといえばパターン
主人公岸嶺が勝つにはそれしかないとはいえ
もうちょっと、他に手はなかったのかなとこれを書いている段階では思っているよ
ここはあえてモブを相手にして辛勝しましたぐらいでも良かったのでは・・・
あー、新キャラ二人の顔見せが適当になってしまうか
 これで良いんだけど、もうちょっと予想を裏切って欲しかったってのが正直な感想だなあ

 ぷよぷよ対戦の方
初代の方は、ぶっちゃけ某ニコ動の初代動画の対戦が極り過ぎて
カエル積み対決はちょっとなー
不得意同士が勝ちを得ようと頑張ってるのはわかるんだけども
初代と聞いてそっちレベルを期待してしまったんである意味失敗したって感じ
 フィーバーの方は、これを読んではじめてルールを理解できたよ
フィーバーモードって発動条件とかちゃんとあったんですね
それを駆使して知識の差で勝つ
こっちは素直に楽しめた
でも、フィーバーのルールそのものはやっぱ好きになれんなあ

 最後の花映塚
対戦ツールでもあるのは知ってたんだけど
こんなルールなんだなあと、ちょっと感心して読めた
そして、風神録のノーマルがクリアできない自分には無縁のゲームだなと改めて思った
早苗さんも雛ちゃんもでないし。まあ、それは置いておくとして
 実力が拮抗していたのでキャラ性能差でミス待ちして勝ちました
って認識でいいのかな
このゲームは究極的に相手の妨害で仕留められるのはビギナーだけで
上級者は当たらないんだからミスでしかライフが減らなくなる訳で
こういう結末になるのはしょうがないんだけど
これももうひと押し何かが欲しかったかな。その何かを具体的に上げることはできないけど
なんというか、凄く盛り上がってるのは理解できるしそういう映像も思い浮かぶのだけれど、地味だよね
地味なのは当然なんだけどさー

 この作品のキモの一つはゲームプレイなんだけども
個人戦よりはチーム戦のがやっぱいいかなあとか思いましたです
チーム戦ならば、岸嶺の憑依だかトランスも一番の盛り上がりにもってこれて
そこで派手にできるしなー

 甲斐ヶ原の祇方院さんは、岸嶺にデレていくのだろうか
ふつーにライバル視するキャラになるのか
どっちなんじゃろ
・・・アンケート次第か?

スポンサーサイト
  1. 2013/05/14(火) 23:00:00|
  2. ラノベ雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sauzaudou.blog70.fc2.com/tb.php/1259-94b6ad5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。