かみやこことのいつもの駄文

誰得と言われれば俺得ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「不完全神性機関イリス(3) 三大世界の反逆者」細音啓

 あとがき曰く、あと2冊で終わりだそうです
打ち切りでもなんでもなく、それは計算通りだと思うけど
それぐらいに、本編の氷結鏡界も終わる算段がついているんでしょうかね
終わりそうなにおいぐらいはしてるかー


 これは表紙詐欺だと言わざるを・・・
確かに、ミカエルとシィはこの武器で戦ったけど
ワンシーンだけじゃんよ!!
もっと、彼女らの活躍を見て、みたいと声だかに主張するほどでもないか
てか、活躍できる余地が無いんだよなあ
ラブコメパート以外で

 エデン・プロジェクトの大まかな概要は理解できた
イリスの出番は伏せられてたんでわかりようもないけど
結界で封印するってのはびみょーに破たんしてるんだよねえ
穢歌の庭の活動が完全停止しなかった訳だし
そんな1000年先の事なんて、当時の面々がわかるはずもないんだけど
希望をもって出来ると断言する彼女らが、微妙に痛々しいのは計算通り?
 こうやって、各所で小競り合いをしつつ勢力圏が減っていくのが良いのか
結界に閉じ込めて浄化待ちするのが良いのかはよくわからんなあ
権力を握っていたい上層部が、地味に邪魔?
そういう意味では浮遊大陸で1から始めるのも悪い手ではないのかもしれんね

 ツァリについては、次回作あたりのネタ振り?
「真なる赤き大樹」とかいきなり言いだされても困るよ
黄昏色の方で話をふっていたっけ? 覚えがないなあ
今から読み返すのも億劫だけど、そうも言ってられない時期が来たのかしら
時間的に無理ですけど・・・

 剣帝に真実契約者に絶対干渉者ですか
後者ふたつはともかく、剣帝さんはなにが狙いで幽幻種を率いているのやら
失った全てを取り戻すって、こやつは軍用人型機械体ではないの?
死にかけた人間をサイボーグ化したとかそういう展開なのかなあ
さらに、サイボーグ化した過程で誰か失ったとかそんなん?
この巻で読みとれるヨミ先輩のキャラからして
サイボーグとかは作りそうに見えないんだけどなあ
 自我の芽生える過程の問題かしら
禁断水晶の力を得てからなんかあったと考えた方がベター?
描写されてない部分なんて想像もつかんね

 次巻あたりで、今回伏せられてたエデン・プロジェクトにおけるイリスの役割発表かなあ
あとはどっかで剣帝をぶっ壊さないとダメよね
この巻にはでてない気がするけど、2巻目には居た穢歌の庭に協力する組織の話もやらなきゃだなあ
まー、あるていどの解法を示して結界発動、残りは氷結鏡界のエデンに丸投げってやれば
残り2巻でも済むのかしら
 シェルティスたちが穢歌の庭で逢った凪とか、皇妃サラやツァリが何故生きてるのかとか
そのへんはこっちで語られるのかなあ?
 剣帝とシェルティス、ヨミ先輩とエリエあたりの話は、きちんと消化してもらいたいトコではある
前者はようわからんが、後者はユトがなついていた段階で
思いっきり関係者ですって言ってるようなものなんだけどね
なついていたというか、わかっていて側にいたってのがしっくりくるのかしら?

スポンサーサイト
  1. 2013/01/14(月) 23:00:00|
  2. ラノベ雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sauzaudou.blog70.fc2.com/tb.php/1128-6c8cb192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。